治療の流れ

(1) 症状の確認・問診
(2) 仰向けで

脈拍の計測 ⇒ 治療の為の指標の確認(触診〜膝周り、首肩など)
⇒ 腹部接触鍼 ⇒ 脈の確認・調整 ⇒ 腹部の確認

身体の表面に近い浅いところのバランスを整えます。
それにより次の段階の治療の受け入れ準備をすると同時に、
より深いところの状態を確認し易くします。
(3) うつぶせで

指標の確認 ⇒ 背部接触鍼 ⇒ 背部のツボへの治療

身体の深いところへ働きかけ、身体機能のバランスを崩している原因の「冷え」を取り、元の状態に戻してゆきます。身体の芯にある冷えを改善することにより、人が本来持っている自然治癒力が回復し、色々な辛い症状が和らいで行きます。
(4) 再び仰向けで

腹部の確認 ⇒ 手足などのツボへの補助治療 ⇒ 脈の確認

背部だけでは取りきれなかった強い・深い「冷え」にはツボを追加して治療します。
(5) 座位

全体の状態の確認及び、肩部の処置 ⇒ 治療終了

初診での治療時間は、1時間程です。